人対策の方法について考える

人対策の方法について考える

どうもtrashbox です!

ところで皆さん、大会で事前に対戦相手が分かっている場合がありますよね?

そんな時に、自分がどのような対策を行なっているのかを書いていきます。

ちなみに僕もこの対策が完璧だとは思っておりませんし、人それぞれ合うものは違いますので参考程度に読んでください。

では対策に移ります。

私が今のところ行なっている対策は、

対策をしないこと

です。

えっ?と皆さん思うでしょうが少しお待ちください。

ここで言う私の対策とは、一般的に行われている「対策する人と同じキャラを使っている強い人と沢山対戦をする」ということです。

そして上記の事を僕はしませんということです。

なぜかというと、対策に付き合ってくれる方と試合で当たる相手の動きが頭の中で混ざってしまうからです。

そんなことある?trashbox が不器用なだけでは?と思う人も多いでしょう。(実際そうかもしれませんし、不器用なのは否定できません)

ただ、ストリートファイターVというゲーム、パッと見では個性が出しづらいゲームと言われがちですがそれは違います。

受身の取り方、防御方法、攻撃の割合、技振りのパターン等細かく考えると様々な特徴があります。

そして、特定の個人の特徴に勝てるように沢山の長期戦を練習としてこなしたとします。

すると思わずして、その練習相手用の人対策になってしまい、癖になってしまう恐れがあります。

この状態で本番にのぞむと、本番の相手との違いに困惑し、ペースを乱され、不利な状況になってしまうでしょう。

しかもタチが悪いのが、実感がなくても人間は一度慣れたものを矯正するのは難しいので、無意識のうち不利なペースになります。

少しの違和感が大きな差となってしまうのです。

ではどのような対策をすれば良いのかと言いますと、僕はランクマッチをします。

また何を言ってるんだと言われそうですが、少々お待ちください。

ちゃんと解説をします。

ここで大切なのは、いつも通りの自分の動きができるように調整をすることです。

それは人それぞれトレーニングモードやカジュアルマッチ等違いますが、僕はそれがランクマッチなだけです。

それだけではなく、対戦相手のプレイ動画を見るのもいいと思います。

先程言ったように、受け身の取り方、防御方法、攻撃の割合、技振りのパターン等を確認し、それに勝てるような動きを考えます。

それらを考えてそのキャラの練習相手とほどほどにやるのはいいと思います。

ここで言うほどほどにとは、全力を尽くすけれども、人読みが発生するほど数はこなさないということです。

僕はこんな感じでジョビンさんとの10先に挑みましたし、直近だとWE-R1バトルの同ブロックの相手にもこのような準備をして、決勝進出することができました。

ただ少しの結果だけでこれが良い方法とも断言はできませんし、また今よりも良い人対策を模索していきたいと思います。

皆さんも自分に合った人対策を見つけて、楽しいストVライフを!

Trashbox日記③

Trashbox日記③

明けましておめでとうございます、trashbox です。

今回は日記を書いていきます。

前回はエドを使い始めた理由について途中まで書いていたので、今回はその続きとなります。

では早速ですが、エドを使い始めた他の理由は思いのほか楽しかった、ということです。

私はVT2を選択しているのですが、CAが溜まっているときに読みや攻撃をヒットさせた時のリターン、タメ大pからガードさせることでプラスフレームを取ることができることに気持ち良さがありました。

またVT2を発動した時に地上で圧力を与えることで、対空をしやすくなるという心理的優位も楽しめます。

そして、極めつけは中足で差し返した時、コンボが伸びてリターンが高くなることです。

弾もありますし、バーディーの最強クラスの地上戦とはまた違った楽しみ方ができると思います。

さらにもう一つの理由として、世間で騒がれているほど弱いキャラではなかったということを挙げたいです。

格闘ゲームは画面端に追い込まれると起き攻めされやすくなり、状況が厳しくなりますが、エドはタメ大pを使うことで確定反撃無しで端から逃げることができます。

ヒットするとコンボにも行けますので、この技は本当に強いと思いました。

(もちろん相手キャラによっては、当身属性の技を使うことで痛い反撃をもらうこともありますが、半タメでボタンを離すことでフェイントが可能なので、結局は読み合いにできます。)

とはいえ地上技のリーチや、確定反撃の薄さを考慮すると、強いキャラとは言えないのは世間の評価通りでしょう。

ただ私にとっては楽しみつつ学ぶことも多くあり、良い経験になったといえます。

これがエドを使っていた主な理由となります。

次回以降はまた別の事を書いていくので是非よろしくお願い致します!

試合にどのような心境で取り掛かるかについての考察

試合にどのような心境で取り掛かるかについての考察

初めに、今回のtrashbox日記はお休みです!

次回以降書くのでまたそちらもよろしくお願いします。

今回書くのは「試合にどのような心境で取り掛かるか」ということについてです。

というのも、先日第四回若人杯大阪エリア代表予選が開催され、私は優勝することができました。

その前後において精神面での考えが少し纏まってきたので、記憶に新しい内に文として記しておこうと思いました。

まず、結論から言うと「試合にどのような心境で取り掛かればいいか」という問いに対しては、「一人一人良いパフォーマンスを発揮できる精神状況は異なるので、その精神状況を模索することが大切である」と回答します。

NHKのスポーツ・イノベーションという番組をご覧になった方は既にご存知かもしれないのですが、私のかねてよりの課題はメンタル面です。

だから、精神面でのアドバイスを他のゲーマーに求めることがあるのですが、その際によく耳にする「試合にどのような心境で取り掛かればいいか」ということに対する回答があります。

それは良いイメージを持つことです。

これは最たる例ですが、大会前は自分と同じキャラクターを使用する他のプレイヤーが負ける動画すらも見ることを避け、良い動きができ勝利した時のイメージのみを脳に残す、というプレイヤーもいました。

確かに、最後は精神力のぶつかり合いである、とよく言われている格闘ゲームにおいては弱気になること=不利になること、という考えも理解できます。

しかしながら、私にこの考えは適しませんでした。

JAPANCUPにおいて、ときどさんとの試合前、絶対にいける、という根拠のない自信をもっており、キャラ相性的にも対応するパーツは揃っているので、正解を出していけば勝てる、と考えていました。

その結果、ご存知の方も多いように1-3で完敗でした。

また、このようなこともありました。

私が所属する運営団体oreRevoにて対抗戦が開かれることになり、私は相手チームの中のキャラクターの相性がよく、負けることはあれど分がいい相手と対戦することになりました。

チームメンバーからも期待され、自分としても自信をもってのぞみました。

だが、今回も私は敗北しました。

相手の強気な選択肢に対応することができなかったのです。

2つの例を振り返ってみると、私は勝てるというイメージが先行しすぎると冷静ではなくなり、イメージを超えた動きを相手がしてくることによってペースが乱れてしまうタイプなのではないかと考えました。

思えばJAPANCUPのベスト8進出を決めた球球(中国の強豪ユリアン使い)との試合は、一度ウィナーズ側で倒したときは問題なく2-0で勝利できましたが、パフォーマンスを上げて相手が戦ってくることも予想した上で、厳しい試合になるかもしれない、と思いながら試合へ取り掛かりました。

結果は予想通りで、相手はいい動きをしてきたましたが、2-1で辛くも勝利となりました。

そして先日行われた若人杯も、プールからグランドマスター以上かそのキャラの全一クラスとしか当たることはなく、悪く言えば自信なさげにのぞんでいました。

その結果は上にも書いたように優勝となりました。

つまり、私は悪いイメージも持ちながら、不安だなと思いながら大会へ取り掛かったほうが良い結果が残せています。

おそらく、相手は強くて何をしてくるかがわからなくて心配だ、という心境で取り組むことによって相手が予想外のパフォーマンスを出してきたとしても、心の中で準備ができているために対応ができるのではないかと現時点では仮説を立てています。

そして、上記のプラス思考で試合に臨んだほうが良いという人もいれば、私のような人も少なからずいると考えるので「試合にどのような心境で取り掛かればいいか」という問いかけに対しては、「一人一人良いパフォーマンスを発揮できる精神状況は異なるので、その精神状況を模索することが大切である」という結論に至りました。

ただ、いくつかの大会の結果のみで答えを出すのは危険であるので、多くの大会に参加して自分に適した精神状態を探すのが良いのではないかと考えます。

私自身も、書いたような精神状態を上回るパフォーマンスをまだ見つけることができるかもしれないので、大会に出る時に自分の精神状態と向き合いながら、それを発見することも今後の課題にしていきたいです。

Trashbox日記②

Trashbox日記②

 皆さんどうもです!

 今回もゆるりと書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 さて、私の使用キャラクターと言えばバーディーですが、最近はエドを使用しているということをご存知の方が居るのではないでしょうか。 

 ということで!

 私がエドを使用し始めた理由について、自分の中での考えの整理も兼ねて書いていきます。

 まず一つ目に、バーディーが不利な組み合わせをどうするか?という問題があります。

 バーディーというキャラクターは強力ではありますが、尖った性能を持っているため、メナトやアビゲイルといった、地上戦で優位に立つことが難しいキャラクターを相手にした場合、厳しい戦いを強いられてしまいます。

 そこで私は、カプコンプロツアーを回る選手のなかでも、複数キャラクターを使用しながらトーナメントを勝ち進む選手を参考にし、まずはアビゲイルとメナトを倒すためだけにエドを使い始めました。

 実際やってみるとアビゲイル戦は、対空技のサイコライジングやアーマーブレイク&技振りの大きいアビゲイル相手に引っかかりやすいVスキルが有効でした。

 さらにガードクラッシュやアーマー技へ対抗するための無敵技があるという点ではバーディーよりはいけるかも、というところまでは仕上がりました。

 ただ、対空は意識配分の問題にすぎませんし、弾も出がかりを潰されることが多く、思ったより機能しません。

頑張ってもVトリガーで試合を破壊されてしまう点は変わらないので、正直トーナメントで出せるかどうかはまだ疑問です。

 メナト戦は、バーディーだと近づくのが困難でしたが、ジャンプ攻撃や前ステップがバーディーよりも速いのが効いているからか、かなりやりやすいように感じました。

 Vスキルで引き寄せることもできますし、ひょっとしたらアビゲイル戦よりも出番の可能性が高いかもしれません。

 さて2つ目は・・・と言いたいところですが、長くなってしまったので今回はここまでで!

次回へ続く!

Trashbox日記①

Trashbox日記①

この度、WE-R1の創設メンバーとして活動していくこととなりました【trashbox】です!

どうぞよろしくお願いします。

新たな組織に属するということで役割も果たさなくてはならなくなっていきます。

まず、自分が最も求められていると感じているのは「結果」ですね。

ここはシビアに、今まで以上に追究していき、チームメンバーを引っ張っていくつもりで頑張ります。

新たな活動も増えていくことと思いますので、皆さんぜひご期待ください!

さて、様々な支援をいただくという形になり、環境も良くなったことで、大会経験も積めるようになります。

しかしながら、それは同時に責任やプレッシャーも生まれるということでもあります。

それらを跳ね返して選手としても人としても、今以上に向上していけるように努力して行きたいですね!

そして自分の中で大きな動きとして!

チームのサポートのおかげもありまして、1月中もしくは遅くとも2月前半には東京へ引越しすることとなりそうです。

やる気だけはありますので、関東にお住まいの方はぜひ、オフ対戦でお手合わせお願いしたいです。

目標はできるだけ大きく、ということで世界一のチームを目指していきます!

ということで今後とも「WE-R1」を暖かい目で見守っていただけると幸いです!