ニから学ぶスマブラSP

ニから学ぶスマブラSP

どうも!

ストV勢のスマブラの伝道師O.R.Cです!

皆さん、スマブラ、楽しんでますか?(恒例)

スマブラSPも発売して一ヶ月が過ぎ、アップデートが行われてver.2.0となりましたね!

各キャラ調整の他に小ジャンプをジャンプボタン2つ同時押しで出せる仕様が追加されました!

小ジャンプ入力が苦手だった人達には嬉しい調整となりましたね。

コントローラーのボタン配置に悩みつつ自分なりに色々試してみてはいかがでしょうか。

そして今回でスマブラSPの攻略記事も3回目となります。

最近、今作から新規参入者の方からちらほら聞くんですよね〜!

「〇〇を使ってVIPいきましたよ!」って

そうです!いわゆる

「VIP到達報告」ってやつですね。笑

ランクマッチでVIPルームまで辿り着く事を目標にしてる人ってたくさんいるんですよね〜!

自分も初めてVIPマッチ解放された時はめちゃくちゃ喜んだものです。

あの感動を是非皆さんにも味わってもらいたいですね!

それでも

「まだまだ無理!全然勝てないよ!」

という声や

「VIPボーダーぎりぎりで勝ち切れない!」

という意見も多数頂いております。

ですので、今回の記事からは対戦の中でおける「読み合い」の種類や、勝負に勝つために重要なポイントをご紹介&解説していきましょうか!

今回の題材はズバリ

★崖の攻防★ です!

どんなレベル帯の対戦にも必ず発生する崖側の読み合いについて。

このへんの攻防、実はかなり重要なんですけど、なんとなーくテキトーにやっちゃってる人って結構多いと思うですよね〜。笑

今回はこの記事を通して崖側の攻防を理解し、崖を掴んでいる相手にリスクを与えていくことを考えていきましょう!

まず1対1のタイマンでどちらかのキャラが崖に捕まっている状況は、ステージ側にいるほうが圧倒的に有利です。

それを踏まえた上でまず基本的なシステムの説明から。

崖に捕まった際は一定時間の無敵時間が与えられます。(75フレーム、体感1秒くらい)

ステージ外に吹っ飛ばされても安易にステージ内に復帰せずにまず、崖を掴む。

これは復帰のひとつの選択肢であり、皆さん普段の対戦の中でやっている行動だと思います。

崖に捕まった時の無敵時間ですが、実はこれはなんと一度きり。

自分のキャラクターが地上に足をつけるか相手の攻撃を喰らうまでは、再び崖を掴み直しても無敵は付与されません。

つまり再び崖を掴もうとした時に相手キャラにスマッシュなどを置かれていると、掴んだとしても無敵がないので吹っ飛ばされる事になります。

そして、連続で崖を掴める回数は6回まで。(知ってる人は少ない)

それ以降は崖を掴めずにキャラが落下していくという仕様となっております。とても悲しいですね。笑

つまり、場外に飛ばされた場合、1度目の崖掴みからの行動がすごく重要になってくる訳です!

崖に捕まった時の選択肢は5種類あります。(結構多いな?笑)

その種類と崖を掴んだ後の入力方法をわかりやすくまとめてみました。刮目せよ!

1.その場上がり (スティックを前へ)
2.回避上がり (シールドボタン)
3.ジャンプ上がり (ジャンプボタン)
4.攻撃上がり (Aボタン)
5.崖離し (スティックを下へ)

そして5種類の行動をざっくりとですが解説していきましょう!

[1.その場上がり]

ゆっくりとステージに上がる。無敵は長く硬直はたったの2フレーム。リスクはかなり低い。持続の長い攻撃に弱い。

[2.回避上がり]

地上での横回避のそうなモーションで転がりながらステージ中央へ移動しながら上がる。

相手の裏へ回り崖を背負わせるチャンスを作る事ができる。

全体46フレームで25フレームまで無敵。

それ以降は無防備で読まれるとリスクは高い。

少し離れた場所で下スマを溜めて待たれていると死ねる。

[3.ジャンプ上がり]

崖から離れてジャンプ。

そこから2段ジャンプしたり、空中回避したり、空中攻撃を出したり色々できる。

ジャンプした瞬間から無敵は一切ないので、空対空や密着での一点読み上スマッシュに弱い。

[4.攻撃上がり]

相手を殴りながらステージに復帰。

殴り終わるまでは完全無敵でスマッシュを溜めて待っている相手などに有効!

ただし攻撃の硬直が半端なく長い。

[5.崖離し]

ただただ下へ落ちていくという選択肢で、主な使い方は、落下後すぐにジャンプして崖で待っている敵に空中攻撃を仕掛けつつステージへ戻るというもの。

弱点は落下前に無敵がなく、普通に攻撃を置かれていたら落下前に喰らってしまう事。

そして空中攻撃をガードされた際はガーキャンから攻めのターンを掴まれるというところ。

ざっくり解説させてもらいましたが、5種類って本当に多いんですよねー!

しかしながらこの5種類を上手く使い分けができている人ってそう多くはないのです!

皆さん知らず知らずに同じ行動を選択してしまいがちなんですわ。笑

この崖捕まりからの読み合いで、なんとなーく同じ行動をとってしまっている人にバッチリリスクを与えようぜ!というお話です!

まずは

☆対戦中に相手の崖捕まりからの選択肢に注目する事☆

まずはこれが大切です。僕今かなり良いこと書いてますよ。笑

意識して相手の行動を見ていると

「あ、こいつ…!こればっかしてるやんけ!」

って思う事が多々あると思います。

(多くのプレイヤーが崖に捕まった時は、展開が早くなり少し焦っている場面が多いので手癖が出やすくなるため)

例.[攻撃上がり]をされた時

[攻撃上がり]は割と手癖でやってくる人が多いです。

長い時間無敵を纏いながら攻撃してくるわけですからね!文字だけで見るとかなり強そう。笑

しかしこの攻撃上がり、リスクの与え方は至って簡単で、「ただ崖付近でガードしているだけ」でいいです。

どのキャラクターも攻撃上がりをガードしたらガーキャンからの掴み(投げ)が確定します。

相手の%が高い場合はバーストに繋がるガーキャン上スマッシュを選択してもいいですね!

こんな感じで、この崖側の攻防に読み勝つだけで勝率にかなりの変化が期待できると思います!

直接撃墜できるチャンスになりますからね!

またバースト圏内に入るまであえてリスクを与えずに泳がせるのもありだと思いますが、まずは相手の行動にガンガン対処して読み合いを回していく練習をするべきかなと思います。

そして、この読み合いを自分がステージ外に放り出されて崖を掴んだ時に応用してみる事。

自分の崖掴みからの行動がどういったリスクがあるのか。

どの行動がどの程度相手に対処されているのかを考えて選択できるようになればさらなる勝率アップが見込めると思います。

〜今回のまとめ〜

・崖掴みからの行動は5種類

・それぞれに良い点と悪い点がある。

・相手の行動を意識して見よう。

・その行動にリスクを与えよう。

・自分の崖掴みの行動を見直そう。

・相手に対処されたら選択肢をを散らそう。

こんな感じですかね!

崖に捕まった際のシステムであったり、できる行動を理解した上で対戦に挑みましょう!

それでは、皆さん!

良いスマブラライフを〜( ´∀`)

イチから覚えるスマブラSP

イチから覚えるスマブラSP

うぃーす!どうも、O.R.Cことおろちです。

皆さん、ゲーム楽しんでますか?

僕は『ストV』に『スマブラSP』に『DBFZ』にと、楽しみまくってます!

どのゲームも飽きるまでやりたいのですが、なかなか時間がたりません。

いくらやりたいゲームが多いからといっても、僕みたいに睡眠時間を削ってゲームやりまくったりなんて絶対にしないでくださいね!笑

さて、挨拶はこのへんにしておいて、今回も引き続きスマブラSPの攻略やっていきましょー。(ドュワッ

(この記事は大乱闘スマッシュブラザーズSPの初心者プレイヤーがオンラインマッチで『VIP』まで到達する為、そしてライバルに勝つまでの道のりを応援する事を目的としたものです。過度な期待はしないでください。 みなみ家 風ナレーション)

『スマブラSP』も発売されて1ヶ月が経ち、初心者の皆さんもぼちぼちゲーム自体に慣れて来たかと思います。

さて、今回は皆さんが普段対戦してる初心者のお友達に差をつけるための知識と攻略を提供していきますね!

今回は『ガード』と『ガードキャンセル』について基礎的な知識と使い方についてご紹介致します!

まずは『ガード』について。

どのゲームでもそうなんですが、初心者に限らずガードってしたくないですよね!笑

なんか楽しくないというか、敵の攻撃を一方的に防ぐのってゲームとしてつまらないというか、ひたすらボタンを押したいというか。(暴論)

でもスマブラSPはこの『ガード』がかなり重要なゲームで、基本的に格闘ゲームでも全然ガードしたくない&しない僕でさえもめっちゃガードしちゃうくらい強い行動なんですよねー。

『むしろ勝つためガードをしろ!』と言いたいくらい強いのでそのガードのシステムとその理由について紹介していきましょう!

皆さんご存知の通り、相手の攻撃から身を守る為のガードですが、設定しているガードボタンを押す事で相手の攻撃を防ぐ円が発生します。

自分のキャラクターを包むこの円はガードボタン押しっぱなしにしているだけで少しずつ小さくなっていくのですが、相手攻撃を防げばそこからさらに小さくなります。

ガードが小さくなったら一定時間ガードを使わない事で徐々に回復していきますが、小さな状態なままで敵の攻撃力の高い攻撃をガードしてしまうとガードがなくなって『ガードブレイク』状態に陥ります。

『ガードブレイク』状態になると一定時間キャラクターが操作不能の無防備な状態となってしまい相手の攻撃を一方的に喰らってしまうという惨劇が待ち受けております。

格ゲーでいうところの『ピヨり』状態に近く、レバガチャして多少回復を早める事ができますが、結局は最大溜めスマッシュを喰らってそのまま「サヨナラバイバイ」を口ずさむ展開となってしまいます。笑

中には1度や2度、ガードするだけでガードブレイク状態になってしまう技も存在するので、ガードすればそれだけ「ガードブレイクの可能性が高くなる」という事を頭の片隅に置いておきましょう。

ここまで読んで「やっぱあんまガードってしないほうがいいのかね?ダメじゃん。」と思った初心者の方も多いと思います。

しかし、ガードする事も悪いことばかりではありません!ここからが大事。

スマブラSPにはガードする事によって得られるリターンがある『ガードキャンセル』というテクニックがあるんです!

・『ガードキャンセル』について

文字通りガードの硬直をキャンセルするものです。

相手の攻撃によるガード硬直を一定の行動をとる事によって本来受けるべき硬直をなくすテクニックが存在します。

簡単に説明すると相手の攻撃をガードしてそのまま相手を殴ったり、投げたりできちゃう訳ですね!

ガード中は以下の行動でその硬直をキャンセルできます

・上B
・上スマッシュ
・掴み(投げ)
・ジャンプ

この『ガードキャンセル』は知ってると知らないとでは対戦の中で大きな差が生まれるであろうテクニックなので初心者の皆さんには是非使ってもらいたいところです!

「いまいちピンとこない。難しそう。どんな時に使うの?使い方は?」

と思われた方もたくさんいると思うので対戦の中でよくある展開を例に使い方を伝授しましょう!

例1

『対戦相手のマリオにファイヤーボールをまかれて、近づこうとするとダッシュ攻撃で迎撃されてしまう。』

こんなことありませんか?

スマブラSPはどのキャラクターもダッシュ攻撃が軒並み強く、ジャンプしようとしても敵の攻撃が早くてひっかかってしまう。

ガードしてもイマイチ反撃が間に合わない。

ダッシュ攻撃強すぎか?笑

と思った人も多いはずです。

しかし、このガードキャンセルを使って敵のダッシュ攻撃にしっかりリスクを負わせていきましょう!

やり方は至って簡単で、まずは敵のダッシュ攻撃をガード!!(ここは頑張ってください。読みでいいので敵の近くでガードを張る)

敵がダッシュ攻撃をして、こちらのガードが成立した瞬間にAボタンを押す。(ガードボタンは押しっぱなし)

このゲームはガード中に攻撃ボタンを押すと「掴み(投げ)」が出るようになっています。

これがいわゆる『ガーキャン投げ』というテクニックで、ガードの硬直をキャンセルして相手を投げる事ができるのです!

投げからコンボに行くも良し、飛ばしたい方向に投げて相手の%をしっかり増やしていきましょう!!

ダッシュ攻撃に限らず相手のキャラクターの技によってはガードキャンセルから上スマッシュや上Bの必殺も確定したりもするので、自分でガードしながらどんどん試していって下さい。

また、自分のキャラクターが向いてる方向とは別の方向から敵の攻撃をガードしてしまった場合は「ガーキャン掴み」ができないので、ジャンプと攻撃ボタンを同時押しして低空ジャンプ攻撃で反撃するといった手段もあるので覚えておいてくださいね!(さらっと説明したけど割と重要)

『ガードキャンセル』を覚えると他の格闘ゲームにはない『ガードする楽しさ』が味わえるのもスマブラSPの醍醐味ではないでしょうか!

はじめは慣れないかもしれませんが、ガードした際にAボタンを押して投げたり、上スマッシュを擦って少しずつガードキャンセルのタイミングや使い方を覚えていけるといいですね。

僕はネスを使っているんですが、ネスの後ろ投げってバースト技なんでこの「このガーキャン掴み」はかなり重宝してますね。

ある程度%が溜まっている相手の攻撃をガードして投げると撃墜できるので、対戦の中でガードの選択肢が増えるようになりました。

皆さんも、ただがむしゃらに攻めるだけでなく、ガードもしながらリターンを取って対戦に勝ってどんどん上手ぶっていきましょう!笑

今回は『ガードキャンセルを駆使して、ライバルに差をつけろ!』という内容の記事でした!

それでは皆さん、良いスマブラSPライフを〜!