テレビ信州春まつりに参加しました

テレビ信州春まつりに参加しました

5月26日に長野県松本市で行われたテレビ信州春祭りに、GALLERIA様のご協力のもと、WE-R1からKumakun、Jimm1、KaNaBaTaの3名が参加しました。

同時に、信州花フェスタというイベントも行われていたこともあり、とても美しい花々に囲まれた会場で、e-sportsとは?をテーマに催しを行いました。

舞台では、WE-R1の選手によるデモンストレーション対戦のほか、地元長野のゲームセンターを拠点とする猛者たちとの対戦を行いました。

会場に来ていたお客さんと対戦を行うコーナーでは、たくさんのお子さんが勢いよく手を挙げて参加してくれ、大盛況となりました。

ストリートファイター5を初めて遊ぶ子供ばかりでしたが、アーケードコントローラーを楽しそうに叩き、勝負の行方に一喜一憂する姿が印象的でした。

3部構成での出演でしたが、最後の部ではなんと、テレビ信州のアナウンサー、菅野さんが飛び入り参加!!

KaNaBaTa選手と激闘を繰り広げました。

長野県のイベントにプロのe-sports団体が参加するのは初めてということで、まだまだ長野の皆様には馴染みのない言葉だったとは思いますが、Jimmy1のわかりやすい解説で、e-sportsの魅力を伝えることができたと思います。

舞台での催しの間には、サードウェーブ様のブースに設置されたGALLERIA GAMEMASTERでストリートファイターVを体験することができ、地元プレイヤーや、小さなお子さんで常に列ができていました。

今回のイベントでは、たくさんの方々にゲームを体験していただき、その楽しさを伝えることができました。

純粋にゲームを楽しそうにプレイしている子供たちを見ていると、もしかしたらこの中から、将来のプロ選手が生まれるかも・・・?と想像が膨らみます。

こういった活動を通して、e-sportsがまだ浸透していない地域の方々にも、少しずつ競技としてのゲームを認知してもらえるように努めていきたいと思います。

また来年も、長野でお会いできることを願っています!

【新規業務提携】 名古屋大学生を主とするe-Sportsサークル「 ディスボード」と新たに業務提携契約締結 ロケットリーグ部門共同運営へ

【新規業務提携】 名古屋大学生を主とするe-Sportsサークル「 ディスボード」と新たに業務提携契約締結 ロケットリーグ部門共同運営へ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、WE-R1株式会社(代表:アカ・リオネル)は名古屋大学の学生を主とするe-Sports サークル「ディスボード」様(代表:山田 恭平)と業務提携契約を結ぶと同時に、新たにロケ ットリーグ部門を設立し、共同運営することに合意致しましたことをご報告申し上げます。

ディスボード様とは以前より多くの活動を通してご助力をいただいており、「e-Sportsの活性化への貢献」と「世界で活躍できるe-Sportsプレイヤーやそれに携わる人材の育成」を 目的とする彼らの様々な活動、熱意に共感しこの度正式に業務提携契約を締結するに至りました。


我々WE-R1からは機材や活動場所の提供、チーム運営監督等の協力を、ディスボード様からはチーム運営やWebサイト運営、WE-R1が開催する大会、イベント等にご協力いただき、これら相互の交流・活動の協力を通じてe-Sportsプレイヤー及びe-Sports業界の健全な発展に向けて全力を尽くす所存であります。

プロチームと大学サークルの提携は我々にとって新たな試みであり、この先体験した事の無いような多くの出来事に挑戦できることを、我々一同期待に胸膨らませております。

パートナー企業様やファンの皆様におかれまして、引き続きWE-R1及びディスボード様へのご注目を承れますと幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。
※プロ契約を締結する選手につきましては続報にてお知らせします。
 
e-Sportsサークル「ディスボード」 – Twitter公式アカウント

ユニフォーム発売のお知らせ

ユニフォーム発売のお知らせ

この度、META様により制作していただきました、WE-R1のユニフォーム、パーカーが発売されることとなりました。

情熱的な赤を基調とした、3種類のタイプをご用意させていただいております。

WE-R1のメインユニフォームとなる、WE-R1 2019 プロジャージ-紅炎。
脱ぎ着がしやすいファスナー付きジャージ、WE-R1 2019 ジップパーカー 紅炎。
あたたかいプルオーバータイプの、WE-R1 2019 プルオーバーパーカー 紅炎。

こちらのページよりお買い求めいただけます!

英語のページとなっておりますが、画面右下から言語を選択していただけます。

私たちと同じユニフォームを着て、WE-R1を応援しよう!